VIPROの黒歴史

第一楽章 ~始動~(コスモフィリア)

2006年

  • 07/04
    ガンホー社員であるわんだおの画策により
    VIPにRO本鯖スレが立てられる

集まった数382人
全てを1dayチケットで換算するとそれだけで4万円近くの売り上げを伸ばす
ここからわんだおによる怒涛のガンホー再建計画がはじまるのである・・・

同日、Tia鯖にギルドが作られる

第二楽章 ~胎動~(カスタトロフ)

  • 07/05
    スレは伸び続け、続々と接続数を増やすTia鯖
    一時、最大人数を誇るiris鯖と接続率を争うほどになる
    一躍有名鯖へ

VIPRO自体も人が増え続け、総数5百人を超える
そんな中一際オーラを放つキャラクターがいた
その名は「鬼才」

・・・後にVIPROに鬼才ありと言われる人物である

そのほかにも多数の異彩を放つキャラクターが集まり梁山泊の様相を呈していた

第三楽章 ~王の引退~ (キングダムトリビュート)

  • 07/11
    VIPROが軌道にのり自らの手から飛び立ったと確信したわんだおが
    VIPRO引退を宣言する、その際のスピーチはもはや伝説

:落ち着いてきいてほしい
:実は俺はガンホーの社員なんだ

場が騒然となりわんだお一時沈黙、この間2分

:俺はαのときからずっとROをやっていた
:BOT、RMT、チート、中華、垢ハク、人気タイトルのオンライン化
:・・・そして運営の怠慢
:俺はROの歩んできた歴史をこの身に刻んできた
:俺はROを愛している
:今ROは危機を迎えているといっても過言ではない
:このままではだめだ、気がつけば俺はガンホーの門を叩いていた
:中は本当に腐っていた
:悪のはびこる、社内を一層するためにはやはり力が必要だと感じた
:まずは金、金が必要だった・・・
:騙すようなことをして悪かったと思っている
:でもこの一週間、おまえらの楽しそうな顔を見て
:やはりこのゲームはここで終わらせてはいけないと再確認したんだ
:この1週間ほんとうに楽しかった、お前らのおかげだ
:絶対に忘れない
:そしてこの一週間をこれからも続けてほしいから
:俺は更なる高みへいかなければならない

一同歓声をあげる、わんだお二度目の沈黙、この間1分

:だからこそ、俺はここで引退を宣言する
:神はひいきをしてはならない
:正直俺はずっとここにいたい
:だけどROがなくなってしまってはこの居心地のいい空間も
:ただの電子の藻屑へと消えてしまうんだ
:それに俺とお前らの一生の別れではないことをわかってほしい
:ゲームマスターとして、RO世界の神としてこれからも活動していくんだ
:ROの将来のためにな・・・
:俺はここに引退を宣言する!!
:これからのVIPROの繁栄を祈って万歳!!!

一同万歳三唱

:じゃあの・・・

その後、粛々とギルドマスター以下5役職の引継ぎが行われる
新ギルドマスターの名はチキン丸
補佐として4人の精鋭が選出された
4人の補佐は通称「幹部会」と呼ばれる
後にこの幹部会の席を巡り内乱が勃発するがまだ先の話である

第四楽章 ~裏切りの舞踏~ (スカーオブワルツ)

  • 07/17
    チキン丸派の台頭を許さない旧わんだお派(リーダーじゅうしまつ)による
    枝テロが勃発
    一時溜まり場は混沌とするが、新リーダーチキン丸のすばやい采配により
    初期段階で決着
    幹部会全席一致により特別指揮権発動、じゅうしまつ及び実行犯14人に
    追放命令が下される(特10042号事件)
    その後、設置された捜査班により黒幕があぶりだされる
    その名は朝神・・・結果じゅうしまつを含む実行犯以外13人に特赦が下され
    追放命令は撤回、しかし戻ってきたのはたった3人であったと記録に記されている

第五楽章 ~聴牌~ (ジャッジ&スラッグ)

  • 07/25
    以前より噂となっていたTENPAIのTia鯖潜伏説が確定情報となる
    (TENPAI・・・悪名高い詐欺師、ぐぐればすぐに出てくるほどの有名人)
    VIPROメンバーにも被害が及び、対策班が急遽設置される

第六楽章 ~不死王の最後~ (ハムナプトラ)

  • 08初旬
    VIPPERが資金源としていた毒きのこの胞子が
    乱獲により相場急落
    VIPRO設立前は1500zであった胞子が今の相場200zまで落ち込む

BOSSアモンラーに突撃しアシデモクリエをしのぎ見事デレツンがMVPになる(※このクリエ実は黒鰤ギルマスの別キャラである。因縁ここに始まる)

第七楽章 ~王の遺産~ (イクシオン)

  • 8月中旬
    わんだおのガンホー再建計画第二段
    RO初となる有料パッケージが発売される
    含蓄どもがこぞって買いあさる

この月、ガンホーの株価が急上昇

第八楽章 ~消失するモノ~ (クライムタイマー)

  • 9/24
    終了20分ほど前に放棄している砦がありみないろめきだつ
    すんなりとエンペルームに全員集合し
    ちょこちょこと来る敵をばったばったとなぎ倒す
    残り5分になっても、ちょこちょことしかこない敵をなぎ倒し
    ついに迎えた残り3分前、いよいよエンペに手をかける
    周りは既に楽観ムード、AGI騎士を筆頭に殴り始めるが
    なんと、エンペリウムを割り切れずにエンペが消える
    へなぎさわの「エンペが急に消えたので・・・」はあまりにも有名
    癌法タイマーが1分ほどずれていたのと、エンペの耐久力を舐めていたのが敗因の一つか?あとチキン(笑)
    ともかく、あと一歩というところで奪取を逃し
    他所のGを防衛してしまった俺たち、クオリティ高須
    はやる心を抑えて候、待てと次回の花開く

第九楽章 ~殺人方程式~ (キリングマシーン)

  • 10/1
    Gv中にVIPROを蹂躙した他ギルドのチェイスが言い放った
    「あと死にたいの誰?」という発言が流行る

第十楽章 ~七英雄~ (ロマンシング・サガ)

  • 10/8
    とあるLKがGv中に
    「VIPなら7人で落とせる」
    と言い放つ

実際、7人でVIPROの防衛する砦に突撃を仕掛けてくる
もちろん全力で防衛にまわるVIP
しかし7人の力は強大であった
無駄に戦力を消費するVIP
ER前まで攻め込まれもはやこれまでかといったところで
チキン丸が特攻をしかけ敵PTの教授とともに自爆

それを機にVIP勢が押し返しなんとか防衛をはたしきる
しかしその後7人の所属するギルドの本隊が押し寄せVIPは壊滅する
自爆をしたチキン丸が消息不明、VIPはこの日の戦いで大きな痛手を負ったのである
(7人事件)

第十一楽章 ~受け継がれる遺志~ (ネクストヒストリー)

  • 10/26
    チキン丸不在の状況においてVIPROは混乱する
    すでに12人までふくれあがった幹部会はもはや一枚岩ではなく
    各幹部を長とする派閥により一時内乱状態となる

その状況を打破すべく一人の戦士が立ち上がる
その名「キルシュ」
独特の言語を話し、えもいえぬオーラを身にまとった人物であった
その後2年間、この男がVIPROの実権を握り舵取りをしていくのである

第十二楽章 ~5人の賢者~ (コンクラーベ)

  • 10/27
    さっそくキルシュによるVIPRO構造改革が行われる
    12人に膨らんだ幹部会は解散、完全匿名制の選挙により5人のマスター補佐が選出される
    これをよく思わない旧幹部会の一部は強行姿勢で臨む場面もあったが何事もなく
    無事第一回会議が終了する

第十三楽章 ~G・O平原での戦い~ (アルティメット・WAR)

  • 11/28
    因縁を持つ黒鰤とのいざこざが発展、軍部の暴走により戦争状態に入る
    キルシュの思惑と違った方向へ進んでいくVIPRO
    VIPRO軍と黒鰤軍がジオ園にて交戦
    天使猫とキルシュが場を収めに向かう

7時間後、双方の説得に成功、終戦となるがVIPRO補佐役の一人であり
天使猫の最愛の人でもあるずさーが黒鰤軍に暗殺される
衝動を堪え、涙を飲み停戦協定に印を押す天使猫の姿に胸を打たれたVIPROは
二度と戦争はしないと誓うのであった(1128事変)

第十四楽章 ~王の帰還~ (ロードオブザリング)

  • 12/06
    7人事件以来消息を絶っていたチキン丸がプロンテラ北の迷いの森にて
    保護される
    衰弱しきっていたが命に別状はなくVIPROに安堵の空気が流れる
    しかし体力を回復し意識を回復した彼の口からは衝撃の事実が語られた
    彼はなんと記憶消失になっていたのである
    これからの彼の動向に注目したいとこの日のまとめは締めていた

第十五楽章 ~TRUE BLUE~ (ネイトラ・レイ)

  • 12/08
    かーちゃんに気持ちを寄せるありさ
    しかしかーちゃんは違う人物に心を奪われていた
    その人物の名は渡辺さん
    しかしこの人物こそVIPRO最悪の男と呼ばれていた
    かーちゃんの気持ちを利用し高価な装備を集める渡辺さん
    そのかーちゃんの姿を影から見守るありさ

ついにかーちゃんを救うためありさが立ち上がる
双方、同じ拳聖という職だがレベルは段違い
さらにかーちゃんからの貢物で身を固める渡辺さんに対し
ありさは比較的新参者で装備は貧弱

誰もがありさの死を疑わなかった

しかし奇跡は起こる
ありさが渡辺さんを撃破、自身のために血を流すありさの姿に胸をうたれ
目を覚ましたかーちゃんが、撃破直後に意識を失ったありさの元へ走りよった
シーンは今でもVIPRO古参メンバーの語り草である

最終楽章 ~終焉~ (フィナーレ)

  • 12/31
    予定は現実となる
    大晦日のこの日ももちろんGv開催日
    リア充でなくとも実家に帰ったり、愛する人と今年最後の時間をすごしたりするもの
    だが、VIPROは違った
    穴ぼこだらけの強豪G砦に全力で襲い掛かるVIPRO
    ついに砦を取得し、この日より強豪ギルドへの階段をかけあがっていくのである
    (大晦日の奇跡)

一悶着ありつついなくなった人

朝神
煉獄なんちゃら
加速
だいてんす
240弓BB
零度
情報
WIZ男
雪桜
ズサ←ずさの名前書いた奴でてこいよこのデコ助野郎
るかぽて
.jepg
機械(笑)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS